読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの沼流れ

雑食オタクの備忘録

IMFACT bntインタビュー

IMFACT 記事
自動翻訳に丸投げしたものを読みやすいように少し弄っただけなので誤訳、意訳を多数含みます。あくまでも雰囲気程度に読んでください。
ソース:bntnews

[インタビュー]五悪童たちの跳躍、インパクト(I'm fact)

f:id:nabaum:20160205172904j:image

[キム・ミンス記者]ボーイグループインパクトは今まで見てきたアイドルと全く感じが違う。 センス、才能、情熱、努力、何よりも自信のある実力で大衆の前に立つために、徹底的に準備してきた新人グループだ。「歌謡界に強い衝撃を与える」という意味のインパクト。彼らは衝撃の「Impact」だけでなく、「I'm fact」という意味も込めており、純粋な音楽を表現しようとしている。 特に、全メンバーが作詞、作曲、振付創作などのプロデュース能力を備えていることで知られ、さらに興味関心を増幅させた。
加えて、音楽性を認められるグループになりたいと欲をのぞかせる五悪童たち。これから舞台の上でどんな姿を見せるのか期待される彼らと会ってみよう。

f:id:nabaum:20160205172927j:image

Q.グループインパクトの意味。
ジアン:インパクトが「強い衝撃を与える」という意味のように「歌謡界に強い衝撃を与える」という意志をこめて「Impact」ではなく「i'm fact」という意味で解釈されて、いつも真実性のある音楽を聞かせたいという覚悟も込めたチーム名だ。

Q.それぞれのメンバー紹介。
ジアン:インパクトのリーダーであり、ラップと振付創作を担当している。
イサン:インパクトでボーカル、ギター演奏と意外な芸能感を担当している。
ジェオプ:僕はボーカルと特別な運動神経を担当している。
テホ:ボーカルとダンスを担当している。
ウンジェ:チームのマンネで、ラップ、プロデュースを担当している。

Q.それぞれデビューしたきっかけは。
ジアン:バックダンサーをしていた時、良い機会が来てスター帝国のオーディションを見てインパクトのグループに4番目のメンバーとして合流した。
イサン:僕は最初のメンバーで、特異なケースで合流した。 父とスター帝国の代表様が親友同士で、以前に代表様が僕に「君が大きくなったらうちの会社に来て」と言われたことがあったが、中学3年生の冬休みの時、父親が「お前が勉強もしないつもりなら、そこに行って練習してみろ」と言っていた。 その後、スター帝国に行ってギターを弾きながら歌を歌い、才能があると翌日から練習生になった。そして6年ほど練習生をした。
ジェオプ:幼い頃から歌うのが好きで、歌手という夢を持っていた。 20歳の時にボーカル教室に通い、親しい知人の紹介でこの会社にオーディションを受け、2番目のメンバーになった。 僕は4年ほど練習生をした。
テホ:今、このスター帝国が三回目の会社だ。 元々はMBK社にいてハッピーフェイス社に移籍したが、そちらのメンバーが一つずつ抜け、自然に解体をすることになった。 そのため同社にオーディションを受け、最後のメンバーとして合流した。
ウンジェ:中学3年生の時、芸術高等学校受験の準備をしながら、ふと社会経験をするのが、かえって僕の役に立たないだろうかという思いがした。 それでその後に複数の会社にオーディション志願をたくさんしたが、今の会社でチャンスを与えた。 

Q.イサン、テホ、ウンジェの音楽について。
イサン:実は僕が学びたくて習ったのではなく、母が「楽器を一つぐらい習った方がいいんじゃないか」として小学校2年生の時ギター教室に通った。 ところが引っ越しをすることになって教室を辞めて家でしたくなるたびに、たまに趣味で弾いてから関心を持つようになった。 歌は母に声楽を学んだ。 歌うことだけ好きかよくしなければ、という気はなかったが、中学校の祭りの際、半ば強制的に友人たちに誘われていった。 終わったあと、友達が歌が上手だと褒めてくれた(笑)。その時から歌を好きになった。
テホ:私が小学校6年生の時、歌手キム・ヒョンチョル先輩がした「キッズポップ プロジェクト」にいたが、そこで一緒に公演やコンサートをして舞台経験をたくさん積んだ。 その後個人的にダンスコンテストや歌謡祭など、あちこち捜し回りながら受賞もした。 そして父の夢が元歌手だった。 その当時、家での反対が酷く、事情上放棄するしかなかったが、私が歌手をしたいと言うから「父さんが果たせなかった夢をお前が一度実現してみなさい」と積極的に支援してくれた。
ウンジェ:子供の頃僕の家に住んでいた叔母がエピックハイ先輩の曲をよくかけていた。 瞬間、心臓がドキドキしながら他の歌を聞くことができなかった。 その後にエピックハイ先輩の音楽が心に刺さってラップの練習もたくさんしたし、ピアノを弾きながら作曲を長い間した。 実際、中学校2年生の時までピアノとラップは趣味だったが、ある日「僕はこれから何をすればいい?」という質問を自分自身にした。 他の答えはなく、音楽という答えが出ていたよ。 

f:id:nabaum:20160205173003j:image

Q.ジアン、ジェオプは経歴が華麗だ。
ジアン:僕は歌手を夢見て、ダンサー生活をしていた。 B1A4先輩、ジュニエル先輩など、多くの歌手先輩たちの後ろで実力を育ててきた。
ジェオプ:僕は元々とても臆病な性格を持っていて、両親の勧めでテコンドーを始めた。 その時が7歳だったが、10年間テコンドーという運動をしながら小心な性格をかなり変えた。 そして高校1年生の時はマーシャルアーツの国家代表としても活動していた。 

Q.メンバーの中で最も才能が多いメンバーは誰。
ジェオプ:まだ放送でメンバーたちの姿を見たことがなくて、確実に誰と断言はできない。
ジアン:練習室にいるところを見ると五人のメンバーは皆、才能が本当に多い。 それでもし僕達の練習室の中に隠しカメラを設置するとしたら、面白い映像が100個くらいは出てこないだろうか。
イサン:その通りだ。 それぞれのメンバーごとに個性が強くて、追求する音楽や歌手が全部違うから無限の才能があると思う。 

Q.メンバー同士の意見衝突。
ジアン:練習生生活をしながら衝突といえば、月末評価を行う時だ。 それぞれ個性が強すぎてやりたいことがあるために意見が多くなる。 この時はお互いに話をたくさんして調整する方式で進行をする。
ジェオプ:僕は個人的なものだ。 僕達は現在の宿舎での生活を一年以上しているが、最初はシャワーのためにたくさん怒った。 蛇口の向きを変えなければ後に手を洗う時に水を流したらシャワーから水が出てくる。 それでは上から水が出るから本当にたくさん怒ったよ(笑)。今はお互い合わせながら生活をしたら、かえってもっと楽だけどトイレに入る時は蛇口から確認することになる。 

Q.メンバー同士で互いに残念な部分があったらどう解決するか。
ジアン:僕達のチームワークがまだ形成されていなかった時は、ストレートにたくさん表現した。 しかし、時間がどんどん経つにつれ、話し方がとても柔らかくなった。 もしメンバーに誤解があったり、そういう部分が感じられる時、静かに近寄ってお互いに話をする。 そこで誤解があったら心から近づいて解決し肩を組んで出てくる。 そしてメンバー達の性格が全体的におとなしい。

f:id:nabaum:20160205173034j:image

Q.練習時代のエピソード。
イサン:僕達はしばらく携帯電話も返上して一日中練習する時が多かった。 ところが、あの時が春でとても良い天気だった。 それでメンバー同士で意見をまとめてロッテワールドに脱出計画を立てたが、地下鉄に乗って移動する途中で怖くなり、結局室長に電話をした(笑) 外に出て風に当たりたいと同情心を誘発したら了解してくれた。 その後に遊園地でハチマキもして声も上げて一生懸命遊んでいた記憶がある。
ジアン:動物のハチマキをした。 トラ、キリン、ウサギ、クマなど、このようなことをしているから、 人々は僕達が芸能人だから見たのではなく、「あの人たちは何をしている人だろう?」という目で見ていたよ。

Q.グループインパクトのロールモデル
ジアン:歌手スウィンス先輩だ。 以前振り付けチームではラップに対して全く知らなかった。 その時は無条件にオーディションに合格するために特技一つくらいは持たなければならないという考えをしていた刹那に会社に入ってラップを接すると、制約がなく、率直な歌詞が僕と合った。 それでスウィンス先輩の音楽を聞いていれば大胆に推し進めている姿を似たい。 
イサン:僕は歌う時、すごい感じのある音楽を追求する。 外国の歌手はジャスティン・ティンバーレイクジャスティン・ビーバーが好きだ。ジャスティン・ティンバーレイクは、舞台の上の表情や雰囲気、セクシーなところが素晴らしかったので、真似をしたい歌手だ。 韓国ではBIGBANGのSOL先輩がとても好きだ。
ジェオプ:まずINFINITEのドンウ先輩だ。 私が運動をしているからか、礼儀を大事に思うが、前にイサンのようにジュエリー先輩のバックダンサーをしたことがあった。 その時の待合室で会いましたが、僕が練習生か歌手なのか分からなくてそうしたのか、あまりにも丁寧に挨拶をして下さった。 その時からロールモデルにした。 そしてナオル先輩は宗教がキリスト教だが、先輩の歌の歌詞に宗教的に解決して使う部分があまりにも感動的で格好いい。
テホ:僕のアイドルであり、ロールモデルは、マイケル・ジャクソンだ。 舞台で圧倒する魅力、パフォーマンスが私が夢見て学びたい最高のミュージシャンだ。 また一方で音楽以外に先行や心構えをたくさん学びたい。
ウンジェ:僕は自分自身に深い影響を与えたタブロ、G-DRAGON先輩だ。 この人たちのために音楽をしなければならないと心を決めたのでいつもロールモデルにしている。 

Q.歌と舞台、そして心配
テホ:僕達はいつも舞台に立ちたいと、ファンの歓声を望んでいる。 今までの経験と練習、そして努力が今の自分を作った。 舞台に立った時に震えない理由も同じだ。 今後の心配は少ししますが、舞台だけで考えると、期待が先になる。
ウンジェ:さっき言ったのように、幼い頃からヒップホップというジャンルをたくさん聞いて、タブロ、G-DRAGON先輩の音楽的影響を多く受けたが、その中で自分のスタイルを探そうと努力をしてずっと挑戦をする。 そして作曲やメンバー達の色とチームのイメージを考慮して最上の結果で大衆たちと会いたい。
ジェオプ:デビューは長い間待ち望んだことだ。 しかし、ときめきより心配が上回っている。 最近、体を酷使させるほどのダンス練習と運動によってメンバーたちに怪我はないかと考えて、まだ見せてやることもできなかったが体が痛いのではと心配だ。 

Q.ファンについて。
テホ:僕達のグループは音楽を上手になりたいとするグループだ。 グループ名のように真実な音楽で喜んだとかが難しかったり、友達が必要な時に求める姿でファンに近づきたい。
ウンジェ:メンバー同士で常に話しているものがある。 他のチームと競争をするというより、僕達だけの色を見せていれば、マニア層が生じるのではないかと思う。 


Q.どのようなアイドルになりたいのか。
ジアン:まずZE:A、Nine Muses先輩たちの場合には万能ドル、モデルドルというキーワードがある。 そんなことを見ると最近のアイドルたちが溢れる中、チームのイメージがあるというのが本当に真似たいと思った。 それで僕達インパクトも自作プロデュースドル、音楽ドルなどのタイトルを持ちたい。

Q.自作プロデュースドル、音楽ドルというタイトルを持つために多くの努力をしたと思いますか。
ウンジェ:僕達が今回のアルバムを準備しながら一つのキーワードを持って悩みもたくさんしてメンバー全体が作詞作曲に参加もしながら僕達だけの色を示すために、たくさんの準備をした。 振付創作もリーダーのジアンヒョンをもとに僕達が直接気を使っており、どんな音楽を聞かせたいかについて多くの情熱を注ぎ込んだので期待してもよさそうだ。 

Q.これからの活動計画。
ジアン:僕達は歌謡界のレイザーになりたい。 才が多く、茶目っ気があるが、見れば見るほど、憎めない魅力、愛するしかないようなグループになりたい。 いつでも人々がインパクトを見て気分がよくなって微笑ませたい。 そして大衆に多くの舞台を示すことができる機会を作り、いい音楽を聞かせることができるようにして2016年新人賞受賞も一緒に目指したい。
テホ:私たちが活動を熱心にしてインパクトというグループを大衆に広く知らせて愛することができるように努力したい。 また、我々が中国語、日本語、英語までの合間を縫って外国語の勉強をしており、海外活動も考えている。 


おまけ
f:id:nabaum:20160205174622j:image
f:id:nabaum:20160205174540j:image
f:id:nabaum:20160205174601j:image
f:id:nabaum:20160205174643j:image
f:id:nabaum:20160205174651j:image
f:id:nabaum:20160205174736j:image
f:id:nabaum:20160205174756j:image
f:id:nabaum:20160205174807j:image
f:id:nabaum:20160205174826j:image
f:id:nabaum:20160205174834j:image
広告を非表示にする