オタクの沼流れ

雑食オタクの備忘録

VIXX ゼロス衣装vsハデス衣装 (記事)

VIXX「fantasy」vs「dynamite」ハデスとゼロス

※素人の翻訳機クオリティなので誤訳意訳多々含みます。あくまで雰囲気程度に楽しんでください。

ソース:시크뉴스 

f:id:nabaum:20160819021342j:image
VIXXが新曲「fantasy」でカムバックした中で、以前の曲である「dynamite」とは別次元の雰囲気で視線を集めた。 先立って、VIXXは2016年に3つのバージョンでカムバックを予告したが、ギリシャ神話の中のそれぞれ異なる神をベースにして、コンセプトを持つVIXX特有の「コンセプトドル」を継承すると明らかにした。
これに「dynamite」では、嫉妬の神ゼロスを、「fantasy」では、死の神ハデスをコンセプトに振り付けと歌を発表したが、全く異なる雰囲気の神をコンセプトとしただけに、曲の雰囲気によってファッションも克明に分かれる姿を見せてくれた。

名前だけでもかわいい嫉妬の神ゼロスで活動する時には、カラフルで色とりどりなカラーが生きているルックを演出したが、ポップなカラーからカラフルなパターンのプリントまで、様々な試みを通じてコンセプトを消化し た。

ホンビンは、カラフルなストライプのシャツに黒のスキニーパンツを履いたり、白いTシャツの上にホットカラーであるローズピンクのパンツとロングジャケットを纏ってルックを完成した。
ヒョクは緑スウェットシャツに直線的でまっすぐ落ちる黒のスラックスを合わせたり、白のストライプのシャツにスラックスを加えることで簡潔なルックに仕上げた。
レオは黒いTtoTシャツの上にストライプのロングジャケットを着て黒のパンツを合わせたり、赤いジャケットを纏って強烈な印象を残した。
Nはドット柄のシャツとパンツを統一して着たり、白いシャツの上に鮮やかな緑色のジャケットを纏ってポップなカラー感を生かした。
ケンはプルオーバーTシャツの上にシャツを重ねて黒のスキニーパンツに赤いベルトでルックにポイントを加えた。
ラビはレンギョウ色のTシャツの上に黒のジャケット、黒のスキニーパンツを履くことでルックを仕上げた。

f:id:nabaum:20160819021358j:image
一方、死の神ハデスをもとにした今回の曲「fantasy」では絶対に白と黒のみで固守したルックを演出したが、随所に見られる小さなプリントを除いては、全てのメンバーが同じ色、同じシルエットの服を選択した。
白いシャツとパンツを着て、シャツをパンツから出し、着ていてどこか凄然で敬虔な雰囲気を完成した。あるいは黒いフリンジの装飾が沢山ついたシャツを着て同じ色のパンツとベルトで重厚かつ暗い雰囲気を演出した。 特にホワイトでルックを合わせて着るときは、体の中央を通る銀のチェーンを複数枚重ね加えることで、どこか縛られているようなハデスの感覚を妙に完成させた。