オタクの沼流れ

推しを増やして貯蓄減らす

ジャンプスクエアを電子版で買ったら思いのほか便利だった

バイトが休みの為めちゃくちゃ暇なのでブログを書くことにしました。

今まで電子書籍ってお金を出して買ったことが無かったんですよ。紙じゃないし。LINEマンガとかで無料配信されてるやつは読んでたりしたんですけど。そんな私が何故電子書籍を買うことになったのか。それは
「0時きっかりに発売されるから」です。
元々ジャンプスクエアには「SQ.プリ」というテニプリの最新情報を掲載するコーナーがあるんですけど、どうも今月号にはチムパ立海が開催決定という情報が載っているらしくてTLで一部のオタクがザワついていたんです。テニミュ公式やナタリー等で情報が解禁されるのは夜が開けてから。年明け前からチムパ立海*1いつかな〜いつかな〜、と心待ちにしていた私は1秒でも早く詳細が見たくて、電子版をポチってしまいました。チムパ立海のページはちゃんとありました。ヤッタネ!

そんなこんなで「電子書籍って便利だな」と私が思ったことをいくつか。

  • 発売日に書店やコンビニに行かなくていい
  • スマホタブレットがあれば出先でも布団の中でも読める
  • 資源ゴミにならない
  • バックナンバーが2015年4月号からある
  • インクで手が汚れない

昔は推しのインタビュー記事が載ったスクエアをそのページだけ引きちぎって保存していたのに、いい時代になったものだ…。

ゲームも発売してすぐに遊べるDL版が出てきたりしているし、ペーパーレスな時代も遠くないのかもしれない。コミックは相変わらず紙で読みたい派だけれど。

iPhone8で一通り読んだけど読みづらさは特に感じませんでした。でも電子書籍メインでストレスフリーに読むならやっぱりタブレットを買うべきなのかなあ。

 

ジャンプSQ. 2018年2月号

ジャンプSQ. 2018年2月号

テニプリ、久しぶりのギャグ回がめちゃくちゃに面白かったので是非。

 

*1:テニミュ3rdシーズンからチームパーティやチームライブと呼ばれる学校毎のイベントを行っている。今回はその立海

2017下半期にあったことまとめ的な

どうもみなさんお久しぶりですこんにちは。
クリスマスも年末年始も出勤マンです。
時が経つのは早いですね。

 

前置きはともかく本題へGO!

【個人的2017年下半期まとめ】

7月 ロミオの北海道リリイベを追いかけ、特典会の動画メッセージで推しに名前を間違えられる。
8月 人生で初めてバースデーサプライズを受けた戸惑いでケーキを花火ごと食べてしまう。
9月 KMFで初めて横アリに行きNCT DREAMの存在を噛み締める。
10月 テニプリが再熱し薄い本を買い漁る。
11月 テニミュにハマり仙台公演のチケを取る。テニラビ*1がリリースされ半年続けてきたミラクルニキを辞める。
12月 アニメイトの策略*2に嵌り給料を消し飛ばす。三年連続クリスマス出勤。

 

…とまあ思い出せる範囲ではこんな感じです。

後半3ヶ月でテニプリ及び2.5次元界隈に足を突っ込んでしまったのは色々大きいです。

3rd跡部様役の三浦宏規くんにどハマりして来月刀ミュのLVに行きますしテニミュの仙台公演もありますし出費の方向性がガラリと変わってしまいました。

今でもK-POPは好きですし聴いています。追いかける頻度が減っただけで嫌いになった訳ではありません。けーぽ垢も覗いています。共同購入したバーノンのSGまだ届いてないしね。

まあ何が言いたいのかというとアイドルでも2.5次元でも「輝く青少年を追いかける楽しさ」は変わらないってことです!推しの成長を見守るの大好き!

それでは皆さんよいお年を!私は大晦日も出勤です!!!!

 

ミュージカル『テニスの王子様』とは?(2016) - YouTube

テニミュはいいぞ〜!!

個人的K-POP20曲 2017上半期

みなさんお久しぶりです!なばです!

ブログの更新面倒くさがってたら今年の半分が終わってました!早い!プデュも終わってた!

そんなこんなで順不同で上半期K-POPドン!

 

  1. Produce 101 - 나야 나
  2. NCT127 - 無限的我 Limitless
  3. NCT127 - Cherry Bomb
  4. MONSTA X - 아름다워 Beautiful
  5. ASTRO - 붙잡았어야 해
  6. ASTRO - baby
  7. KNK - Sun, Moon, Star
  8. NCT DREAM - 마지막 첫사랑 My First and Last
  9. GOT7 - Never Ever
  10. tripleH - 365 FRESH
  11. I.O.I - 소나기 Downpour
  12. CLC - 도깨비
  13. Hello Venus - Mysterious
  14. AOA - Excuse Me
  15. gugudan - 나 같은 애
  16. OH MY GIRL - 컬러링북 Coloring Book
  17. チョンハ - Why Don’t You Know
  18. PRISTIN - Wee Woo
  19. dream catcher - Chase Me
  20. Red Velvet - Rookie

 

コメント書いてたら全部消えたのでやめました。今気になってるのはアイドル学校と計画中のデビュードルリサイクル番組、ウィエファ新芽ズの動向です。おわり!

プロデュース101 イデフィ、彼に注目せよ (記事)

ソース:'프로듀스101 시즌2' 이대휘, 그를 주목하라-비즈엔터

f:id:nabaum:20170421201332j:image

イデフィの急上昇が尋常ではない。

14日に放送されたプロデュース101シーズン2(以下、プロデュース101)でイデフィが、センターの真の姿を見せた。自作曲から独自のダンスまで抜群だったという評価だ。実力派で存在を知らせたイデフィがデビューの花道を歩くことができるか関心が高まっている。

イデフィの実力が明らかになる前、一部では「イデフィがセンターの理由がわからない」と問題が提起された。イデフィは頻繁に書かれた悪質なコメントを意識したのか、自己紹介映像を通じて「僕が不細工なのは知っています。悪口はやめてください」と語った。しかし、14日以降イデフィに対する懸念は消えた。

14日、ブランニューミュージックの練習生たちはイデフィが作詞・作曲・編曲したHollywood(ハリウッド)という曲で審査員に評価を受けた。自作曲に懸念を示したのもつかの間、審査員らは歌が流れるとすぐ「プロデュースすることを知っている子がいる」と感嘆の声をあげた。

先立って、プロデュース101参加者プロフィールが公開された時、製作陣がイデフィにつけたキャッチコピーは「17歳詐欺キャラ音楽の天才」だった。「詐欺キャラ」は「詐欺キャラクター」の略語で、完璧という意味だ。

イデフィは番組に参加している研究生のうち幼い方に属し、プロデュース能力を認められた唯一の人物だ。Kポップスター出身の参加者であるチョンセウンも自作曲を披露したものの、アイドルを選ぶ番組の特性と合わないアコースティックな曲だったという点で、イデフィの能力と違いがある。

ブランニューミュージック所属の評価でプロデュースを担当したイデフィと振り付けを担当したパクウジンはAクラス、残りの2人もBクラスを獲得した。101人の参加者のうちAはわずか7人、Bはたった17人であることを考えると、彼らの上位への安着はかなり注目すべき成果だ。

f:id:nabaum:20170421201352j:image

イデフィの底力は自作曲だけでなく、ダンスにも現われた。ナヤナのレッスン過程で卓越した習得力と優れたダンスの実力が光を放った。わずか10分で振り付けを身につけるイデフィの姿は衝撃的という反応すら出た。ナヤナカメラミッションの動画を見た審査員は「クオリティが高い。無条件にAだ」と笑みを浮かべた。

イデフィの実力は101人の練習生たちの中でも特に目立った。イデフィはJYPエンターテインメントを経てブランニューミュージックに来るまで、計2年4ヵ月の練習生期間を経た。5年以上活動した参加者もイデフィほどの実力を披露していないという点で、彼の能力は特別際立っているという評価だ。

プロデュース101は国民プロデューサー制度を導入、視聴者の投票を100%反映してデビューメンバーを決定する。プログラムの導入初期、人気投票になるのではないかという憂慮も出たが、I.O.Iメンバーのうちキムソへを除いては、大半が初のレベルテストからAクラスに所属しているという点で実力は国民プロデューサーたちの選択に少なからぬ影響を及ぼしている。

また、シーズン1でセンターチェユジョンは放送中TOP3に名を連ね、I.O.Iデビューまでした。卓越した才能と魅力まで兼備したイデフィが、第2のチェユジョンというニックネームのように最終11人に名を上げることができるか、その結果が注目される。

好きです!オンソンウ

オッパ〜〜〜!!!!!!!

f:id:nabaum:20170418191142j:image

2話を見た時点でリアコが止まらないので殴り書き

 

プロフィール

f:id:nabaum:20170418202618j:imagef:id:nabaum:20170418202624j:imagef:id:nabaum:20170418202631j:imagef:id:nabaum:20170418202640j:image

氏名:オンソンウ(옹성우*1、ONG SEONG WU*2 )
生年月日:1995年8月25日
血液型:A
身長体重:179cm、69kg
練習生期間:8ヶ月
趣味:音楽をかけて自由にダンス
特技:ドラム、耳折り
学歴:ハンリム芸能芸術高校実用舞踊科→東ソウル大学演技芸術科卒業

 

練習生期間は8ヶ月とあるが、これはファンタジオに所属してからの期間であり、2011年に撮影されたダンススクールの動画がある。調べたところ中1のころから練習をしていたとか。

 

高校ではBTOBのソンジェと同じクラスだった。

f:id:nabaum:20170418192531j:image

 

1分自己紹介

アイコンタクト

メレンゲタイム

箱の中身はなんだろな(三十路オッパvsオンソンウ)

1話ソンウcut

https://youtu.be/YC6tJFpfuuc

事務所別パフォーマンスノーカット版

 

オンソンウの推せみ

・顔がカッコいい(照英ではない)

f:id:nabaum:20170418193817j:imagef:id:nabaum:20170418193801j:image

ファンタジオお得意の俳優顔だ〜〜〜!!!好き〜〜〜〜〜!!!!!!!


口を開けると下の歯が見えるの可愛い〜〜〜!!!好き〜〜〜〜〜!!!!!!!

f:id:nabaum:20170418204647j:image

ストレートヘアも好き…。

 

・95lineのオッパ感

f:id:nabaum:20170418194102j:imagef:id:nabaum:20170418195126j:imagef:id:nabaum:20170418195139j:imagef:id:nabaum:20170418202849j:image

みんなドラムを叩く爆イケソンウを見てくれ…。


 

・なのにリアクションがお茶目

f:id:nabaum:20170418200518p:imagef:id:nabaum:20170418200535p:imagef:id:nabaum:20170418200447p:image


 

・安心して応援できる実力

f:id:nabaum:20170418195104j:image

サバイバル番組で出来ない子を見るのは精神的にクるので安心して見れるのはポイント高い。同じくデフィ君とかも安定枠。

f:id:nabaum:20170418202700j:image

プロフィール写真の消化器にはオタクの荒れた心を消化する意味が込められているとかいないとか(今考えた)

 

最後に過去写真どーん

ググれば他にもいっぱいあるよ!

f:id:nabaum:20170418202449j:imagef:id:nabaum:20170418202535j:imagef:id:nabaum:20170418202542j:imagef:id:nabaum:20170418202549j:imagef:id:nabaum:20170418202557j:imagef:id:nabaum:20170418202750j:imagef:id:nabaum:20170418202755j:imagef:id:nabaum:20170418202804j:imagef:id:nabaum:20170418202813j:imagef:id:nabaum:20170418202824j:imagef:id:nabaum:20170418204737j:imagef:id:nabaum:20170418204745j:imagef:id:nabaum:20170418204752j:imagef:id:nabaum:20170418204759j:imagef:id:nabaum:20170418204807j:imagef:id:nabaum:20170418204821j:imagef:id:nabaum:20170418204827j:imagef:id:nabaum:20170418204834j:imagef:id:nabaum:20170418204841j:imagef:id:nabaum:20170418204846j:imagef:id:nabaum:20170418204852j:imagef:id:nabaum:20170418204900j:imagef:id:nabaum:20170418204908j:image

*1:韓国で옹という苗字はとても珍しいらしく、2000年の調査では772人しかいない。(김は400万人超

*2:公式サイトではSEONG WUだがネットではSUNG WOO表記がポピュラー

プロデュース101 3.30時点 閲覧数上位メンバー (記事)

['プデュ101'前哨戦①]閲覧数・ハート数TOP11

ソース:['프듀101' 전초전①]조회수·좋아요로 미리 보는 TOP11 :: 네이버 TV연예

f:id:nabaum:20170331034536j:image

[ヘラルドPOP=パクスチョン記者]放送前から議論とノイズ、そして負傷に苦しむプロデュース101シーズン2だが、練習生たちに向けた関心も高い。9日「M COUNTDOWN」でナヤナの舞台が公開され、16日には101人の練習生全員のプロフィールが公開された。そのうち3人の練習生が降板したなか、一部の練習生たちはもうファンダムを従えており、TOP11の花道を予約したようにみえる。

プロデュース101側は10日から16日にかけて毎日15人ほどの練習生を順次公開した。16日公開当時、最終日に公開された練習生と初日に公開された練習生の間にクリック数で差があったが、確かに頭角を現した練習生もいた。

16日午後4時基準で、当時の閲覧数TOP3はチャンムンボク、パクジフン、ベジニョン

ハート数TOP10はチャンムンボク、チョンセウン、パクソンウ、ベジニョン、パクジフン、ライグァンリン、イデフィ、チュハクニョン、アンヒョンソプ、イウィウンの順だった。初日に公開された練習生が確かに有利だった。ハート数TOP10ではパクソンウが唯一13日以降に公開された練習生として注目を集めた。

全員公開後2週間近く経った現在、時間的有利さは消え、練習生たちのはっきりした人気格差が生じていた。閲覧数、ハート数TOP11を事前に占った。

30日午前基準の閲覧数TOP11は

ジャンムンボク(ONO、武田鉄矢)

チェミンギ(PLEDIS、レン)

ファンミンヒョン(PLEDIS、ミンヒョン)

キムジョンヒョン(PLEDIS、JR)

グォンヒョンビン(YGKPlus)

パクジフン(マル企画、ウインク少年)

ベジニョン(C9、韓服自己紹介)

カンドンホ(PLEDIS、ベクホ)

イデフィ(ブランニュー、ナヤナセンター)

ハンジョンヨン(マル企画)

ライグァンリン(CUBE、台北のアンバー似)だ。

ダントツ1位はやはり「ヒップホップ大統領」チャンムンボク。ムンボクは練習生の中で唯一100万ビューを突破した人物であり、2位のチェミンギが記録した約40万ビューの倍を超える115万ビューを記録中だ。「ナヤナ」舞台後、「エンドの妖精」「チェクkill」「チョンチェクヨン」などさまざまな修飾語を生み出して、男女のファンの絶対的支持と関心を受けたムンボクらしい。

2位チェミンギ、3位ファンミンヒョン、4位のキムジョンヒョン、8位カンドンホは全員NU'ESTのメンバーだ。NU'ESTとして活動した当時、チェミンギはレン、ファンミンヒョンはミンヒョン、キムジョンヒョンはJR、カンドンホはベクホという名前で活動した。 デビュー6年目のグループで関心も高く、ファンダムの規模も他の練習生たちに比べて大きいものとみられる。

パクジフン、イデフィは「ナヤナ」で注目された練習生。イデフィはセンターとして第2のユジョンになっており、パクジフンはエンディングのウィンクで「話題のウィンク男」という修飾語を得た。 特異なことはグォンヒョンビンが1分PR映像のアイコンタクト映像で高いクリック件数を記録して、格別な関心を証明している。 16日公開当時、TOP10だったチョンセウン(スターシップ)、パクソンウ(HIM)、チュハクニョン(クラッカー)、アンヒョンソプ(ウィエファ)、イウィウン(ウィエファ)は12~17位を占め、人気を続けている。 

 f:id:nabaum:20170331034540j:image

ハート数TOP11は

ジャンムンボク

チョンセウン

朴晟佑

ベジンヨン

パクジフン

イデフィ

ライグヮンリン

チェミンキ

ジュハクニョン

ファンミンヒョン

キム・ジョンヒョン

の順だ。 クリック件数の順位とは少し違う。 クリック数では2位と越えられない壁を見せたムンボクはハート数では8700個余りに2位チョンセウンの5300個より3400余りの差でやはりダントツ1位を走っている。

閲覧数TOP11には入らなかったチョンセウン、朴晟佑、ジュハクニョンそれぞれ2位、3位、9位というのも興味深い。パクソンウは自撮りを通じて「ブラケット少年」というあだ名で有名になった練習生であり、チュハクニョンはナヤナのエンディングで一気に主人公の一人だ。閲覧数で並んでジュルセウ旗を記録したニュイストゥがハート数ではやや押されている。 12位はカンドンホ、13位はイウィウン、14位はアンヒョンソプ、15位は、李健煕(RBW)、16位は高田健太スターロード)で新しい人物も見られる。

シーズン1の時もDIAのメンバーキヒヒョン、チョンチェヨンそしてMBK谷とダブルキックホチャンミなど顔を知らせたメンバーが前半の投票で強気を見せたことがある。 放送を重ねるにつれ他の練習生たちも人気を得て、現在のI.O.Iが誕生した。 果たしてシーズン2の練習生はどうだろうか。

現段階ではジャンムンボク、チョンセウン、朴晟佑、ベジニョン、パクジフン、イデフィ、ライグァンリン、チュハクニョン、イゴンヒ、イウィウン、アンヒョンソプをはじめ、NU'EST出身のファンミンヒョン、キムジョンヒョン、チェミンギ、カンドンホがTOP11に有力視されている。

プロデュース101シーズン2は4月7日に初放送される。

プロデュース101 閲覧数上位メンバー (記事)

[プデュ101全員公開①]"あなたの少年は?"閲覧数上位の秘訣

ソース:['프듀101' 전원공개①]"당신의 소년은?" 조회수 TOP의 비결 :: 네이버 TV연예

[ヘラルドPOP=イ・ホヨン記者]「プロデュース101 season2」参加者101人が公開された。本格的な対決前、関心を引く事に成功したのは誰だろうか。

Mnetサバイバルオーディション「プロデュース101 season2」の本当の主人公、101人の練習生全員がベールを脱いで確定された。9日、M COUNTDOWNを通じて「ナヤナ(PICK ME)」の舞台が公開された直後、10日から16日まで毎日15人ほどの練習生が順次国民プロデューサーに自身をアピールした。

少年たちは他の100人のライバルよりもっと強烈な第一印象を残すため、特別なコンセプトで1分PR映像を製作した。自作曲及びラップメイキング、歌やダンスカバー、各種個人技、演技まで多様なコンテンツが視線を釘付けにした。「ナヤナ」舞台で光を見た練習生の他にもセンスのある映像を用意した人が「固定Pick」*1に名を連ねた。

このように1分弱の自己紹介だけでも国民プロデューサー達の心は揺れ動いている。 その中でも注目される練習生たちがどんな方法で閲覧数とハート数を集めているかを調べた。 (16日午後4時基準)

閲覧数トップ3

  1. チャンムンボク(ONO、武田鉄矢)
  2. パクジフン(マル企画、ウインクの子)
  3. ベジニョン(C9、韓服自己紹介)

ハート数トップ10

  1. チャンムンボク
  2. チョンセウン(スターシップ、ギター侍)
  3. パクソンウ(HIM、爪先立ち三十路)
  4. ベジニョン
  5. パクジフン
  6. ライグァンリン(CUBE、台北出身のアンバー似)
  7. イデフィ(BRANDNEW MUSIC、ナヤナセンター)
  8. チュハクニョン(Cre.ker、養豚場の息子)
  9. アンヒョンソプ(ウィエファ、名札がデカい)
  10. イウィウン(ウィエファ、パネル背負い芸)

の順だ。チャンムンボクの場合、ナヤナ舞台映像より高いハート数を持ち、パクソンウは唯一13日以降に公開された練習生だから目を引く。

チャンムンボクは過去「スーパースターK」に出演して外界語ラップを披露し「ヒップホップ大統領」というタイトルを得た練習生だ。今回の自己紹介映像では「スーパースターK」出場当時のパーカーをそのまま再現して注目を集めた。昨年ラッパーとしての正式アルバムを発表しただけに、急成長した実力も印象的。

パクジフン、ベジニョン、パクソンウは特別なビジュアルで国民プロデューサーたちを魅了した。パクジフンはナヤナのエンディングを飾ったウィンク男子として有名になっており、ベジニョンとパクソンウは9日のゲリライベントで撮られた低画質の写真だけで話題を呼んだことがある。パクソンウは爪先立ち少年というあだ名までつけられたほどだ。 今回の自己紹介映像でもパクジフンは可愛い腹筋公約で、ベジンヨンはパクボゴム声帯模写で、パクソンウは、中低音の魅惑的な声で国民プロデューサーたちの関心を確実に引き止めることができた。

チョンセウン、イデフィ、アンヒョンソプは恥ずかしくないように、自分の長所をよく描いた。まずチョンセウンはギターと共に自分の人的事項を紹介し、歌の実力まで見せてくれた。 イデフィとアンヒョンソプは自信を装着し、テレビショッピングのような口調で自信満々に自身の魅力を説明した。緊張した素振りがないという点で、これらの才能を垣間見ることができる。

 

まとめ

f:id:nabaum:20170317030053j:imagef:id:nabaum:20170317030054j:image

*1:推し固定のような意味?