オタクの沼流れ

雑食オタクの備忘録

IMFACT THE STARインタビュー

※自動翻訳に丸投げしたものを読みやすいように少し弄っただけなので誤訳、意訳を多数含みます。あくまでも雰囲気程度に読んでください。

[HDインタビュー] IMFACT「僕達の話が、真剣な音楽」

f:id:nabaum:20160226002304j:image
インパクト"僕達の話が、真正性のある音楽"/写真:イ・ウンジュ、記者 star1@chosun.com

「真正性のある音楽とは、僕達が経験した話を聞かせることだと思う。 それで僕達は経験を基に音楽のインスピレーションを得てラップを書いて振り付けを組む」

2016年1月、「インパクト(IMFACT)」という名前のグループがデビューした。 インパクトは言葉通り、歌謡界に「インパクト」を与えたいという意味であり、「I'M FACT」とも解釈されて本当の音楽を聞かせたいという意味でもある。 彼らはインタビュー中ずっと、インパクトという名前のように率直な回答を打ち明けた。

IMFACTはまだデビュー日数が一ヵ月も経たない新鋭だ。 デビュー前と最も大きく変わった点を聞くと、テホは「音楽番組に通うため朝早く起きてから夜までずっと目を開けている。 我を忘れて舞台を準備しているが、本当に幸せだ。 練習生時代は練習だけしながらいつ舞台に立つか待っていたが、今は舞台に存分に立つことができていい」と答えた。

デビュー日数では短いが、彼らが歌手としてデビューするまでには長い時間がかかった。 2014年11月にテホがチームへ最後に合流し、IMFACTが確定した。 メンバーが確定した後には自作曲を準備し、振付の演習をしながら時間を送った。
ジアンは「早くデビューしたいと思っていたが、少しずつ遅くなった。 何度かデビューが延期されて、デビューしないのではないかと不安になったりもしたが、当初予定していた時期にデビューしていたら今の完成度を見せてあげられなかった。 運も時期も良いようだ」と満足げな気持ちを伝えた。



IMFACTがもっと話題になったのはデビュー曲を自作曲で出している挑戦ではないか。 これによってIMFACTは「自主制作アイドル」という修飾語を得た。 Lollipopを作曲したウンジェは「事実上、負担にならないのではないが、負担よりは僕達がやりたい音楽を続けるのが正しいと思っている」と話した。

また、次のアルバム準備がすでに多くなっているとし「タイトル曲、収録曲全てを僕達が直接制作することになりそうだ。 アルバム全体的な構成を考えているが、より面白いアルバムになり、もっと面白い音楽を聞かせてあげることができるだろう」と説明した。

質問に対する答えをすることでウンジェの性格を感じることができた。 その言葉通りしっかりしたスタイルだった。 幼い年であるにもかかわらず、音楽に対する真摯な態度を伺うことができた。 このようなせいか、これに先立って行われたショーケースでインパクトはウンジェを「マンネon top」で採用することもした。

イサンは「ウンジェがとても論理的で、一枚上に立って兄たちを全て把握している。 親しいからで二人が会ったりもするが、ウンジェが僕より兄のような時が多い」と伝えた。 ジアンは「自分の髪型に満足して『今日の髪型いいでしょ?』と言えばウンジェは『ない、おかしい。 早く行ってすぐ洗ってきて』っていつも定説を挿してくれる」とエピソードを伝えた。

f:id:nabaum:20160226002334j:image

インパクトが選んだロールモデルはBIGBANGだ。 ウンジェは「BIGBANGを本当に尊敬していて、YouTubeでもBIGBANGの舞台を本当によく見ている。 いったん舞台を見れば本当に楽しくする姿が見えて、メンバー同士も仲が良く見えて真似したい」「自分達がしたい話を盛り込んで、自分達の話をするとそれが差別化になりそうだ」と話した。

ロールモデルとは別に、インパクトにとって最優先順位はZE:A。 「グァンヒ兄さんは、ショーケースMCもしてくれて、デビュー前にシワン兄がファンミーティングツアーのオープニングを務めて一緒にしたが、その時『舞台でこのようにするのだ』と細かく教えてくださった。 ZE:Aだけでなく、Nine Muses姉さんたちも応援してくれて、心強い兄と姉を持ったようで心強い」

最近、IMFACTは所属事務所の先輩の他にも、多くの先輩歌手たちに出会えた時間があった。 旧正月に行われたMBC「アユクデ」に出演したのだ。IMFACTは特に記憶に残る先輩でBTOBを選んだ。 ジェオプは「ミニョク先輩を見ましたが、すごく運動が得意なので緊張するほどだった。 他のグループも上手で来た方たちは本当によく言っていた。 オリンピックのようだった」と話した。

活躍したい分野についても明らかにした。 マーシャルアーツ国家代表出身でチーム内の体育担当のジェオプは「高跳びの種目がなくなったようだ。 走り高跳びをしたかったのになくなったので、リレーやマラソンの方をしてみたい」と述べ、ジアンは「実際にアユクデに行ってみたらとても衝撃的だった。 僕は応援分野で活躍してメンバーたちの士気を高めたい」と答えた。

f:id:nabaum:20160226002355j:image

まだデビューしてから時間が流れていないが、音楽番組も熱心にして芸能番組にも出演しながら感じた事が多いようだった。 とすれば、最終的にIMFACTがなりたい「IMFACT」はどんなグループだろうか。 結論から言えば、「自然なIMFACT」になりたいと。

ジアンは「悪戯のように舞台で二枚目さを放棄しようとする。 今回Lollipopはエネルギーを見せてあげなければならず、飾らればならないと考え、自然に表現しようと努力中だ」と話した。
イサンは「私たちの経験と考えを音楽に込めて、チーム名のように真実性のある音楽を聞かせてあげたいのが目標だ。 成績に関係なく、私たちの音楽を多くの方々が聞いてほしい。それだけでも意味があるようですし、とても幸せそうだ。 頑張って私たちの音楽を作るために努力して発展する」と抱負を語った。

メンバーたちがすべて一つの考えで意味を集めていて不思議なほどだった。 彼らが結局、望むのは「自分たちの物語を音楽で聞かせること」で、IMFACTという名前の中にある「I'm fact」という、別の解釈がさらにやってとれた時間だった。 もう自分たちの話に満ちた次のアルバムを準備しながら、ときめきを隠さないIMFACTが今後どのような姿でどのように成長するかも益々気になる。 
広告を非表示にする